青春18きっぷ山陽地方の旅 ♯7「広島で大人の修学旅行」

こんにちは。 FIREラボのひこすけ(@hiko_fire)です。

貯金0円だった25からFIREを目指し始め、28(2021)で退職、杵築市でサイドFIRE生活を始めました。

 

そうだ、青春18きっぷの旅に出よう

と急に思い立ってしまったので、

「思い立ったらすぐ旅に出られる」「休みを気にせず長期間旅ができる」

というFIRE民のメリットを活かして旅に出たひこすけ氏。

 

この旅をコンテンツにしないワケにはいかぬということで、思い出がてら手記を残していきます。

「FIRE達成したらゆっくり旅に出たい」

「FIRE民ってどんな生活してるの?」

といった方に役立つ記事になれば。

 

7日目の記事です。1日目はこっち↓

青春18きっぷ山陽地方の旅 ♯1「人の細道、猫の細道」

 

思い出たち

いざ大人の修学旅行へ

7日目の旅は、かみりさん(@kamiri_fire)と広島で大人の修学旅行へ。

かみりさんがバッチリプランニングしてくださったので、ありがたく身を委ねて楽しむ。

 

趣味が高じちゃったパターン2発目

石が好きすぎて、私財を惜しみなく投じまくったと噂の庭園を見学。

福山の時計自動車博物館も然り、『好き』を突き詰めるとここまで来ちゃうんだなと実感した。

 

石にも色んな形や材質があって、更に歴史もある。

ってことは擬人化してウマ娘みたいにできるのでは?なんて妄想しながら園内を周る。

 

なんの因果か、園内のお喋り大好きおじいちゃんから説明された岩がFIREの岩らしくて運命を感じざるを得なかった。

もちろん経済的自立と早期退職ではなく、炎の方のFIREだけどね。

FIRE教のご神体として杵築に持ち帰りたかったけど、ちょっとお土産には重いので断念。

 

広島市内のコスパバグアイスをぺろり

いやいやデカすぎる。アイス界の二郎か。

 

「おちおちしてると溶けちゃいますよ」とかみりさんから指導を受けながらなんとかスプーンを動かし、口へ運ぶ。

彼は熟練の食べ手らしく、謎技術で形を整えながらジェラートを高速で食べ進めている。かみりさんのこだわりが面白すぎる。キャラにしてえ~。

 

名施設『広島原爆死没者追悼平和祈念館』を訪問

どうしても広島を訪れたかった理由の一つがこれ。

書籍『20代のうちにしておきたい17のこと』で「知覧に行っておけ」と言われたので、とりあえず広島にも行っておこうと。

created by Rinker
¥550 (2022/12/08 01:17:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

と言っても施設自体はかみりさんに教えてもらったので、それまで知らなかったんだけどね。

今回はかみりさんが事前に仕入れてくれていた建築的側面から見た解説付きだったので、より深く祈念館に向き合えたと思う。

 

例えば建物内のスロープが反時計回りになっているのは、時間を遡って体験してほしいとの想いが籠っていると聞いたのはなるほど納得した。

建物全体で体験させてくれる設計が実に面白い。

 

館内で印象的だったのは、犠牲者の遺影コーナー。

かみりさんも言っていたのだけれど「14万人が亡くなった」と聞いてもなかなかピンとこない。

でも一人ひとりの遺影を見ると、数えきれないほどの人がそこに居たんだと実感させられる

実際に足を運んでよかった。

 

FIREは平和につながる

余談だけど、FIREは平和につながると思う。

なぜなら、貧困や日々のストレスにより発生する軽犯罪等が減ると推測されるから。

 

僕も心の余裕ができたなと実感しているし、それはなんとなく感じる人も多いと思う。

平和への道は一朝一夕にはいかないけれど、足元から小さな平和を紡いでいくことはできるんじゃないかな。

そのためにもFIRE的思想を啓蒙することは意義があると思う。

ここで一旦CMです(ΦωΦ)




広島市内をぷらぷら

地下アイドルの無銭ライブを眺めたり

通りを歩いていると、ちょっとした広場から何やら音楽と声が聞こえる。

と思ったら絶望のポメラニアン(@ztpm_idol)なるアイドルの無銭ライブでオタクが高まっている!

 

これは参戦するしかないと、困惑するかみりさんを横目に一人オタクムーブをキメる。

急にクラップしたり謎の動きをするオタクにも優しい視線をくれるかみりさんは天使でした。

 

ちなみにジェラートを食べる前は、かみりさんが最近観てくれたアニメ『ウマ娘』の曲『うまぴょい伝説』が流れていて、二人とも広場にふらふらと吸い込まれていったのは笑ったよね。

街でアニソンが聞こえると、つい血沸き肉踊ってしまう。

 

ただ会話しながらアーケードをぶらついたり

思わぬ無銭ライブで盛り上がりつつ、また市内の通りをぶらぶらする。

僕自身はこうして生活エリアを見るのが好きだし、同時にかみりさんともFIREにおける幸福度の話とか、ベーシックインカムの話とかをするのもまた楽しすぎる。

 

楽しい会話にお酒も高い居酒屋も必要ないんや。

お互いが集まればそれが一番の娯楽になるんだから。

 

広島産のお野菜を食べたり

夕食は広島産のお野菜をふんだんに採れるサラダを食べたり、ピザをたらふく食べたりしつつ、また会話を楽しんだ。

 

かみりさんは類まれなる思考力をベースに、読書などのインプットを踏まえて独自の解釈を熱弁してくれるので面白い。

おかげで話の内容が濃くて、議論が絶えない。さらに日々の思考量も段違いなので、会話ネタも尽きない。

 

地理的な要因でできた友達とは異なり、価値観を共有した上で広げられる会話の面白さを改めて実感したなあ。

アニメや音楽のオフ会でもないのにこれだけ盛り上がるのは、なんというかすごく幸福だ。

 

音楽を語ったり

かみりさんは遊びへの向き合い方も尋常じゃなくて面白かったし、消費・創作ともにすごく刺激をもらった。

例えばサカナクションの曲の構成を分析したり、歌詞の意味を考察したりされていて、こんな消費者がいてくれたらクリエイター冥利に尽きるよなあと。

 

FIREは余暇の時間を生み出してくれるので、かみりさんがFIREしたらどうなってしまうのか楽しみすぎる。

 

対談で面白かったネタ

せっかくなので面白かったネタを書いておく。

  • 消費・創作の時間的余裕があるFIRE民は、文化の発展において希望の光を灯すのでは。
    • FIREを啓蒙することで文化の発展、ひいては日本の発展に寄与するのでは。
  • メタバースはリッチな映像が故に、人間の想像力を減少させるのでは?
    • 逆に五感を絶てば想像の世界にどっぷり浸かれて、どこへでも行けるのでは
  • ひこすけは退職前まで一切絵を描いてなかったのに、急に毎日絵を描く生活に移行できたのは何故なのか?
    • →アニメに出会ってから10年間の思いがあるから? ずっと描きたい、創りたいと思ってやってなかった想いが噴出したのかも。

また広げてブログ記事とか書きたいな。

 

ここで一旦CMです(ΦωΦ)




費用とか

  • 移動:0h
  • 費用:¥6,100
  • 読書:0冊

宿の快活代を含む。18きっぷ代は含まない。

 

関連記事

青春18きっぷ山陽地方の旅 ♯1「人の細道、猫の細道」 青春18きっぷ山陽地方の旅 ♯2「オタクが高じたってレベルじゃねえぞ」 青春18きっぷ山陽地方の旅 ♯3「姫路城になんて絶対負けないんだからっ…!」 青春18きっぷ山陽地方の旅 ♯4「このためなら働いてもいい?」 青春18きっぷ山陽地方の旅 ♯5「特級呪霊-太陽の塔-との邂逅」 青春18きっぷ山陽地方の旅 ♯6「なるほど、そりゃ文句も言いたくなるわ」 青春18きっぷ山陽地方の旅 ♯7「広島で大人の修学旅行」

 

以上、FIRE満喫しつつラノベ作家&神絵師を目指すひこすけ(@hiko_fire)でした!

Have a nice FIRE!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)