【ざっくり知りたいあなたへ】FIREの全体像がサクッと分かるまとめページ

【ざっくり知りたいあなたへ】FIREの全体像がサクッと分かるまとめページ

こんにちは。FIREを研究しているひこすけ(@hiko_fire)です!

貯金0円だった25歳からFIREを目指し始め、30代のうちの達成を目指しています。

 

このたびは「~FIREの教科書ブログ~ FIREラボ」へご訪問頂きありがとうございます。

「FIREラボ」はその名のとおり、FIRE達成を夢見るすべての方に役立つ情報を研究・お届けするFIREムーブメント特化型ブログ

 

ひこすけ

僕自身がFIRE達成を目指しているので、その過程で学んだことを発信すれば、自分もみんなもWin-Winでいいな~と思い、発信しています。

自分将来を左右することなので、もちろん内容は実践に役立つものしか発信しません。

 

そしてこのページでは、

FIREムーブメントに興味が出てきたから、とりあえず全体像をざっくり知りたい

というあなたのために、

  • FIREムーブメントとは?
  • 達成方法
  • 関連情報

などを簡単にまとめています。

 

このページを読んでみてFIREに興味が出てきたら、他のページも参考にしてみてくださいね。

 

この記事を読むと?

「FIREとは何?」から「達成方法」まで全体像が分かる

 

FIREムーブメントとは

FIREムーブメントとは?

Finantial Independence, Retire Earlyの略

経済的自立と早期退職を目指す生き方

 

もっとぶっちゃけて言うと、

不労所得で生活できるようにして、さっさと会社とか辞めて自由な人生を生きようぜ!

という考え方・ムーブメントのこと。

 

元々アメリカから広まった考え方で、現在はミレニアム世代を中心に日本でもじわじわ話題になっています。
(書籍も発売されました)

 

何を目指しているの?

では経済的自立と早期退職とは、具体的にどのような状態を目指しているのでしょうか。

事例を少し紹介してみます。

 

経済的自立

FIREムーブメント-経済的自立とは?

FIREムーブメント-経済的自立とは?

 

突然ですが「あなたは何のために働いてますか?」

たぶん大多数の答えが「生きていくため」だと思います。

 

そう、生きていくために会社や政府、時には金融機関から借金し、「依存」しているのが実情なのです。

FIREムーブメントではこうした「依存」から脱却し、経済的に自立しようとしています。

 

具体的には、

  • 投資資産からの配当・利子
  • 不動産収入
  • 副業収入

などから自動・半自動的に収入を得ることで、会社や政府に依存しない生活を目指しています

 

早期退職

FIREムーブメント-早期退職とは?

 

多くの会社は65歳で定年退職するのが普通で、そこからやっと「老後」という自由を手に入れます。

今まではそれが当たり前でした。

 

でも、ぶっちゃけそんなに仕事したくないですよね?w

少子高齢化で定年が伸びるのは間違いないのに、70歳まで働き続けてそこからやっと自由な生活なんて嫌じゃないですか?

 

FIREではこの考え方を強く抱いている者たちが、いかにして早期退職するかを模索しています。

 

具体的には、ミレニアム世代は30代や40代で退職してしまう事例も増えており、僕自身も30代前半でのFIREを目標として活動中。

30代後半や40代の方も65ではなく、40~50代でのFIREを目指し始めた方もいます。

 

「4%ルール」&「必要資産の求め方」

では一体どうやって「経済的自立」&「早期退職」を実現するのか?

一生遊んで暮らすとなると、1億とか2億とか必要なんじゃ……

って思いますよね。

 

しかし、FIREにはそんな大金は必要ありません

 

米国の大学で発表された「ある研究結果」によれば、もっと少ない資産でFIRE達成できることが分かったのです。

それが「4%ルール」&「必要資産の求め方」

 

4%ルール

FIREムーブメントを達成する力強い根拠となっているのが、

Trinity Study(トリニティスタディ)という研究。

 

それによると、

「株式・債券に投資した場合、毎年資産の4%までなら引き出しても生活できそうだ」

ということが判明しました。

 

例えばこんな感じ。

資産 引出可能額
3,000万円 120万円
1億円 400万円

こうして見ると、

ひこすけ

月に10万円で生活すれば3,000万円しか必要ないのか……

ということが分かりますよね。

 

※Trinity Studyという研究論文の情報はこちら

【日本語訳①】Trinity-Study(トリニティスタディ)を要約してみた【導入~成功率の分析】【日本語訳①】Trinity Study(トリニティスタディ)を要約してみた【導入~成功率の分析】

 

必要資産の求め方

FIREでもう一つよく出てくる計算式が、必要資産の求め方。

達成するのにいくら必要かを計算するものです。具体的には

年間生活費×25=必要資産

で計算できます。

 

※これは先ほどの4%ルールを使うと求められることはお分かりかと思います。

 

 

よかったら今の年間生活費を思い出してみて、×25をしてみてください。

それが現在の生活水準を維持したままFIRE達成するための資産です。

 

いかがでしょうか?

結構高額で無理そうだなぁ……

と思っても実は大丈夫です。

 

たいていの人は収入の分だけ使っちゃってるので、それをいかに削減していくかを考えればいいだけ。

そのための方法はこのFIREラボでたくさん紹介しています。(記事後半にリンクがあります)

 

FIRE達成までの手順

①達成方法|FIREムーブメント

さてFIREについてざっくり分かったところで、次は達成までの手順7つに分けて解説します。

 

これはFIREを目指さない人でも「経済的に楽になるため」に実践すべき手順だと思うので、ぜひ自分の家計状況を想像しつつ、参考にしてみてください。

 

手順①|収支・資産・負債を把握する

FIRE達成の手順①|収支を把握する~FIREへの第一歩~

 

あなたは今、毎月の収支と資産、負債を把握していますか?

もし「よく分からない」「負債って何?」と思った方は、まずここからチャレンジです。

 

これらを把握してないと、

  • なぜか使ってもないスマホのオプションプランに何千円も費やしてる
  • 貯金しなきゃなあと思いつつ昨年から1円も増えてない……

なんて事態からいつまでも脱却できません……

 

解説記事

詳しくはこちらに書いてますので、ご参考に。

FIRE達成の手順①|収支を把握する~FIREへの第一歩~FIRE達成の手順①|収支を把握する~FIREへの第一歩~

 

手順②|支出を減らす

FIRE達成の手順②|支出を減らす~小さな支出もリストアップしてみよう~_02

 

手順①で収支や負債を把握したら、次はまず支出を減らしていきます

特に減らすべきは「家賃」「保険」「スマホ・ネット」などの固定費から!

 

固定費は一度減らせば、その後もずーっと効果がありますからね。

あとは惰性で入ったままのサブスクとか、なんとなく買っているアニメグッズみたいなものがある人は要注意です(過去の自分に言いたい……)

 

解説記事

詳しくはこちらに書いてますので、ご参考に。

FIRE達成の手順②|支出を減らす~小さな支出もリストアップしてみよう~_02FIRE達成の手順②|支出を減らす~小さな支出もリストアップしてみよう~

 

手順③|生活防衛資金を貯める

FIRE達成の手順③|生活防衛資金を貯める~必要額と貯め方を解説~_02

 

支出を抑えることができたら、何かあった時のための「生活防衛資金」を貯めておきましょう。

これ、別に「働けなくなった時に備えろ!」とかいうレベルじゃなくて、もっと単純に支出を抑える効果があるんです。

 

例えばスマホやPC、家電って結構値が張りますよね。

だからといってクレカのリボ払いや分割払いをしていたら、無駄な利息をとられていまします。

 

しかし防衛資金を貯めておけば一括で支払えるので、そういった無駄な支出が抑えられるのです。

他にも食材や洗剤、こまごました日用品を買う時にまとめ買いをする資金力が無いと、単価の高い小さなパッケージを買うことになりますしね。

 

解説記事

詳しくはこちらに書いてますので、ご参考に。

FIRE達成の手順③|生活防衛資金を貯める~必要額と貯め方を解説~_02FIRE達成の手順③|生活防衛資金を貯める~必要額と貯め方を解説~

 

手順④|価値観マップを作る

FIRE達成の手順④|価値観マップを作る~自分の行動指針を知ろう~_02

 

支出や負債を見直し、生活防衛資金も貯める体制が整ったら、ようやくFIREっぽい作業のスタート。

※逆にここまでは万人に必要なステップと言って良いです。

 

FIREを達成すると言っても、

  • FIREしたい本当の理由は何なのか?
  • 何歳までに達成したいのか?
  • 達成して何をしたいのか?
  • 大切にしたいのは生活水準?仕事をしないこと?

などを考えておかないと、目的と手段があわずに「思ってたんとちがう!」という感じになってしまいますよね。

 

そこで有効なのが「価値観マップ」の作成です。

これはリベ大の両学長の言葉をお借りしてますが、

自分としっかり向き合い己の価値観を言語化しておくのです。

 

それにより

自分が何を目指すべきなのか?本当にFIREは向いているのか?

などが分かってきます。

 

 

ひこすけ

僕もたまに価値観マップを見返して、目的と手段がずれていないかを確認するようにしています。

 

解説記事

詳しくはこちらに書いてますので、ご参考に。

FIRE達成の手順④|価値観マップを作る~自分の行動指針を知ろう~_02FIRE達成の手順④|価値観マップを作る~自分の行動指針を知ろう~

 

手順⑤|シミュレーションする

FIRE達成の手順⑤|シミュレーションする~いつFIRE?いくら貯める?~_02

 

目的や狙いが明確になったら、いよいよお金の計算

  • 生活水準(どこに住む?外食や旅行の頻度は?)
  • 目標資産(3,000万?1億?)
  • プラスで必要な収入(転職?副業?)

などを計算していきます。

 

といっても別に難しい計算ではなく、あくまで数字を明確にするだけ

特に重要なのは、これからどう稼いで資産を作り上げていくかです。

 

解説記事

詳しくはこちらに書いてますので、ご参考に。

FIRE達成の手順⑤|シミュレーションする~いつFIRE?いくら貯める?~_02FIRE達成の手順⑤|シミュレーションする~いつFIRE?いくら貯める?~

 

手順⑥|収入を増やす

FIRE達成の手順⑥|収入を増やす~王道からマニアックな方法まで紹介~_02

 

シミュレーションした結果、

うわ、このペースだと全然FIREできない……もっと収入を増やさないとダメか……

となる人が多いと思います。

 

そこで次は収入を増やし入金力をどんどん高めていく必要があります。

 

自身がFIRE達成し、「FIRE 最速で経済的自立を実現する方法」という本を出版したサバティエ氏も

もし私が副業からの収入をほぼ全額投資に回していなければ、経済的自立に到達するのに少なくとも2~3倍の期間がかかっただろう。

「FIRE 最速で経済的自立を実現する方法」より引用

と言っていますし、給料がよほど高年収でない限り、やはり副業収入は必要不可欠です。

 

僕自身も現時点で副業2年目でして、平日は定時後、土日はフルで副業に勤しんでます。

そんな人生嫌だ(´゚д゚`||)

と言われそうですが、逆に今は「副業していないと落ち着かない」レベルになってきました 笑

 

なぜなら「稼がなければもっと会社で働かないといけない」という焦りがあるから。

もちろん合間にアニメとか観てますし、近くで登山したり友達と飲みに行ったりもしてます。

 

時間をつくれば、副業をやりつつ趣味を楽しむことも余裕だと分かりましたし、そのコツなんかはFIREラボ内で紹介しているので、ぜひ参考にどうぞです。

 

解説記事

詳しくはこちらに書いてますので、ご参考に。

FIRE達成の手順⑥|収入を増やす~王道からマニアックな方法まで紹介~_02FIRE達成の手順⑥|収入を増やす~王道からマニアックな方法まで紹介~

 

手順⑦|全力で投資に回す

 

ここまで来たらいよいよ投資に回していきます。

※FIREは大前提として「株式や債券への投資」をしなければ達成できないので、投資をしない選択肢はありません
(1億以上あるならできるかも?)

 

投資といっても一日中チャートを見たり複雑な企業分析なんてもう必要ない時代になりました。

 

何に投資すれば良いかはもう研究や経験者から答えが出ていて、それは

全米(or全世界)に広く分散した低コストなインデックスファンド

基本的にこれを買っておけばOKなのです。

 

しかもこれ、定期的に自動で買い続けてあとは放置するだけという圧倒的な楽さ。

ひこすけ

こう書くと俄然怪しさが出てきますね 笑

 

とは言え日本国民の年金を管理しているGPIFも同じ手法を使い、長期の資産運用をしていると言えば納得もできるでしょう。

参考 年金積立金はどのように運用しているのですか。年金積立金管理運用独立行政法人

 

FIREを達成するまでのほとんどのステップが、この

収入を増やす→投資→収入を増やす→投資……

という無限サイクルになります。

 

まとめると、

基本的には⑥⑦を繰り返し、定期的に①~⑤を見直していく

そんな流れがFIRE達成のための手順というワケです。

 

解説記事

詳しくはこちらに書いてますので、ご参考に。

準備中👷💦

 

各手順を実行するための情報

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

これだけ読めば、すでに周りの人より2歩も3歩も前に進めているのは間違いありません。

 

もしFIREを目指すのであれば、共に頑張りましょう。

ひこすけ

なんたって数年単位の戦いですからね。僕も役立つ情報を発信できるように頑張ります。

 

参考までに、FIREを達成するために役立つページを掲載しておきます。

ちょっと気にするだけでも日々の生活が変わるものもたくさんあるので、ぜひ参考にどうぞです。

 

お金の管理

③お金の管理|FIREムーブメント

  • 収支の把握
  • 収入の増やし方
  • 支出の減らし方

など、FIREを目指す過程で役立った情報などのカテゴリ!

ひこすけ

僕自身は倹約が大好き、かつミニマリストでもあるので、普通とはちょっと違った考え方をお届けできるかと。

カテゴリの記事を見る

 

シミュレーション

②シミュレーション|FIREムーブメント

  • 達成するまでに必要な収入
  • 達成してからの支出
  • シミュレーションツール

などなど、計算するのに必要な情報のカテゴリ!

ひこすけ

計算するのが好きな人は、達成後の姿を妄想しながらやると楽しいですよ 笑

カテゴリの記事を見る

 

ライフスタイル

④ライフスタイル|FIREムーブメント

  • 達成するまでに必要な生産性の上げ方
  • 効率化ガジェット
  • 達成後の幸せとは?
  • 達成後の生活を考える

など、具体的な生活で役立つ情報や考え方のカテゴリ!

 

中には「セミリタイア達成したけどやることがなくて仕事に戻った」

なんて人もいるので、「自分にとって本当に幸せな生き方」を見つけるお手伝いができればと思ってます。

ひこすけ

僕も自分自身と向き合って色々考えるのが好きなので、大好きなカテゴリですw

カテゴリの記事を見る

 

知識・情報

⑥知識・情報|FIREムーブメント

  • FIREとは?
  • FIREの根拠となる論文やデータ
  • FIREに役立つ書籍や動画
  • 米国や海外のFIRE情報

など、FIREに関する知識や情報を体系的に整理したカテゴリ!

特にFIREムーブメントはまだまだ新しい概念なので、情報が不足していたり、バラバラだったりするんですよね。

特に金融や節税といった情報を使い倒すことがFIREへの近道になるので、これからもアンテナを張り巡らせて情報収集していきます!

カテゴリの記事を見る

 

おわりに

FIREとは Financial Independence Retire Early

 

今や定年雇用は崩壊しつつあり、少子高齢化が加速する世の中。

でも生活するには何十年もクソみたいな職場で働かなきゃいけない……

 

そんな生き方が嫌だと思ったら、きっぱりNOを突きつけてやりましょう。

しかし、決めるのはもちろんあなた自身です。

 

僕は、会社なんかに毎日通う憂鬱な日々を40年も50年も続けるのは絶対に嫌なので、FIREを目指すことを決めました。

たしかにこの道は平坦じゃないし、副業がうまく伸びずにFIREまで時間がかかるかもしれない。

 

でもチャレンジしないと何万時間も無駄に過ごすことは確定になります。

だったら僕は目指す、そう思いました。

 

どうか、この記事、そしてこのFIREラボが多くの人に役立ってくれれば幸いです。

FIRE達成した暁には、共に喜びを分かち合いましょう。

 

あなたは、どの道を選びますか?

 

 

以上、FIRE目指して副業中のひこすけ(@hiko_fire)でした!

Have a nice FIRE!

 

当ブログ「FIREラボ」では

など、FIREムーブメントを目指す全ての人に役立つ情報を発信しています。

 

もし「参考になった!」「一緒に頑張りたい!」と思って頂けたら、SNSへのシェアや、ブログ村バナーの応援クリック、ブックマークをよろしくお願いします🙇‍♂️

シェアしたい 応援したい
 記事下の
シェアボタンから🙇‍♂️
🙇‍♂️ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代セミリタイア生活へ 🙇‍♂️

 

 

おすすめFIRE達成の近道になる副業5選【FIREムーブメント】

おすすめ還元率で選ぶのはNG?本当にお得なふるさと納税の選び方をブログ解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です