【まとめ】18の職業診断・適職診断を全部体験してみた結果【おすすめは?】

あなたの仕事、本当に自分にあってますか?

こんにちは、FIRE目指して副業中のひこすけ(@hiko_fire)です。

 

このページでは、

仕事を選ぶ前に自分にあった職業や会社を探したい。そのために診断が役立つらしいけど、たくさんあって分からないのでオススメを教えてほしい。

というあなたのために、就職や転職に役立つ「職業診断」「適職診断」を一覧にまとめてみました。

ぶっちゃけ全部受ける必要とかはないので、僕のオススメの診断を受けていれば大体のことは診断できます。時間もかかりますしね。

 

もくじ

体験した結果最もオススメできる適職診断はコレ

はい、もったいぶらずに結論から言うとおすすめの適職診断はこれ。

1つに絞ってくれよ!と思うかもしれませんが、できれば3つくらいは受けた方が使い物になる結果が得られます。

なぜ3つ受けた方が良いかというと、1つじゃ納得感が薄いから。

実際、僕も複数の診断を受けてみて「これ他でも同じこと言ってたな」と感じたし、その時に「たぶんこれは診断の言う通りの傾向があるんだろうな」と納得できました。

ひとつの結果じゃ「え~ほんとか??そんなこと無いけどなあ。。」で終わっちゃうんですよね。なので、できれば3つくらいは受けるのが自分自身で納得できるのでオススメ。

 

おすすめ①|ミイダス

  • コンピテンシー診断
  • パーソナリティ診断

 

おすすめのポイント

  • かなり詳細に分析してくれるので次のアクションに繋げやすい
  • 強み弱みが分かるので失敗するリスクを減らせる

ミイダス株式会社が提供する診断。ミイダス自体はdodaやan、テンプスタッフなどを運営しているパーソルから生まれた関連会社なので、そのノウハウが詰まった診断と言えますね。

ミイダスの方からお話を聞きましたが、「これからどんどん機能も強化していく」と言われていたので期待大です。

 

診断を受けたらこうなった

  • 「然想像もしてなかった職業に適性が出てる!求人を見てみようかな」と視野が広くなった
  • 「この職業は全然適正が無いなwとりあえずやめとこう」と地雷を踏まずに済んだ
  • 生まれ持った個性が詳しく分かり、改めて職業を考えるきっかけになった
  • 今現在のコンディションも知れるので、改善点が分かりより良い人生になる気がしてきた

 

\ミイダスの診断はこちら/

 

市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

※たった10分でめちゃくちゃ詳しく解説してくれるのですごい。

 

おすすめ②|リクナビNEXT

リクナビNEXT

https://next.rikunabi.com/goodpoint/ より引用

  • グッドポイント診断

 

おすすめのポイント

  • かなり詳細に分析してくれるので次のアクションに繋げやすい
  • 強み弱みが分かるので失敗するリスクを減らせる

ご存知リクルートが提供する診断。リクナビには2つの診断があるが、グッドポイント診断だけ受ければOK。もう一つはあまり役に立ちません。

 

診断を受けたらこうなった

  • 自分の性格を「強み」として表す方法が分かる(欠点と思っていたらむしろプラスに言い換えてくれる)
  • 自分では気づいていなかった「強み」が分かるので、今後に活かすヒントになった

\診断はこちら/
リクナビNEXTの診断を受けてみる

 

おすすめ③|doda

doda_キャリアタイプ診断

https://doda.jp/dcfront/personality/personalityIndex/ より引用

  • キャリアタイプ診断

 

おすすめのポイント

  • 性格と仕事の両方を一気に診断してくれるので、複合的に結果を確認することができる
  • 仕事のスタイルや企業風土といった、具体的な指標で結果を知ることができる

パーソルキャリア株式会社が提供する診断。ミイダスとはまた異なる視点の分析結果が得られるため、どちらも受ける価値ありです。

 

診断を受けたらこうなった

  • 「意外とまとめ役とか向いてるのか」と新たな発見があった
  • 「ああ僕ってこういう基準で動いてたのか」と再認識できた
  • 他の診断と比べて同じ点・異なる点を知れて納得感が出た

\診断はこちら/
dodaの診断を受けてみる

 

職業診断を受けた後が大事

職業診断って気軽に受けられて自分のことも知れて楽しいんですけど、それだけで終わったらめちゃくちゃもったいない。その後が一番大事なんです。

じゃないとめざましテレビの占い見てるのと一緒。1分後には忘れてますw

 

じゃあ効果的な活用方法って具体的に何をすればいいか。

基本的には次の3つのアクションが必要ですね。これをやってけば職業診断が活かされてくる!

 

その①|人生の羅針盤を考えてみる

人生の羅針盤というのは「どういう風に生きていくか」を決める指針みたいなもの。リベ大の両学長もよく言ってはりますね。(関西弁リスペクト)

まだ就職していない学生から、すでに社会人として働いている方も含めて「どういう人生を生きていくか」を改めて考えてみるのはマジでやった方がいい。人生100年間を生きていくための仕事ですから、じっくり腰をすえて考えた方が将来的には絶対お得です。

僕も就活の時にこんな診断を受けていれば、もっと計画的にやってこれたのかな~なんて思いますが、すでに働いている今でも決して遅くはないハズ。だってまだ26ですよ。人生100年だとしたら後74年あるのでいくらでも変えられるなと思って頑張ってます。

そしてそれはあなたも決して例外ではないんです。一緒に良い人生にしようじゃあないですか。

 

その②|希望の仕事と合致しているか確認し、合致していないなら改善点を探す

就活生でも転職を目指している方でも一緒ですね。希望している職種と適正が合致しているなら自信もやる気も出ますよね。

逆に合致していなくも諦める必要はなくて、「何が合致していないのか」「どうすればそんな職業でもやっていけるのか」をしっかり考えて対策すれば上手くいくハズです。

その辺は転職エージェントの方も相談に乗ってくれます。

 

その③|強み弱みを日常に活かせないか考えてみる

すべきことはもうひとつあり、それは「強み弱みを日常に活かす」こと

例えば僕は「共感する力が乏しい」と全ての診断で書かれており自分でも認識してますw

そして結果によると「共感性を養えばさらに仕事がスムーズに進むでしょう」などと書いてありました。

「んなこと分かってるよ~」

と話半分に聞きつつも、「これを改善すれば仕事もスムーズに進んで副業も捗るな」と感じたので今日から実践しようと思えました。

 

職業診断を徹底比較

という訳でここからはネット上に散らばっている職業診断をガッツリまとめてみました。

まずは全体をまとめた表から。いやあたくさんの診断がありますね。

表.適職診断まとめ

職業・適職診断まとめ表

こうして見ると問題数も種類も様々ですが、まあしっかりした大手系を3つほど受ければ大体の傾向は分かるかなという感じです。

ですが今は社会人だよ、という方も学生向けの診断を受けてみるとまた違った世界が見えるので、他の診断を受けてみる価値はアリですよ。

 

職業診断①|ミイダス/コンピテンシー診断

\ミイダスの診断はこちら/
MIIDAS(ミイダス)

総評 所要時間 会員登録
20分 必要

 

診断できる内容

  • マネジメント資質
  • パーソナリティ(性格)の特徴(問題解決力がある!とか)
  • 職務適正(この仕事は向いてる向いてない)
  • 上下関係性
  • ストレス要因
  • 生まれ持った個性
  • 今のコンディション

 

実際に診断した感想

分析結果がとても充実しており、「もっと早く知りたかった!」と思いましたね。

特に「そうだったのか!」と驚いたのは「職業適性」の欄で、自分では全く眼中になかった「金融専門職」なんていうのが最上位に来ていたことです。

じゃあここに転職するかと言われたらまだ分かりませんが、少なくとも今後のキャリアを考えていく上でかなり参考になるなと思いました。

あと面白いなと思ったのは「ストレス要因」の欄。僕の場合は「意見交換/調整」「知的要素の不足」によって最もストレスを感じるらしく、そう言われてみればそうだなあと思いました。

逆にこれを減らしていけばストレスも減らせるし、対策していこうかなと思えたのは大きかったですね。

 

職業診断②|ミイダス/パーソナリティ診断

\ミイダスの診断はこちら/
MIIDAS(ミイダス)

総評 所要時間 会員登録
10分 必要

 

診断できる内容

  • 生まれ持った個性
  • 今のコンディション
  • アドバイス

 

実際に診断した感想

面白いなと思ったのは「今のコンディション」まで教えてくれるということ

潜在的な個性が分かる診断は多いですが、今のコンディションが知れるのは参考になりますし数年後にどう変化しているのかが楽しみです。

また個性をもとにアドバイスも貰えるのが嬉しいところ。

「陥りやすいクセへの対処法」はめちゃくちゃ身にしみますw
(理屈っぽい・空気を読むのが下手・人が苦手という頑固親父みたいなクセはさすがにやばいなと思いましたw)

 

職業診断③|リクナビNEXT/グッドポイント診断

リクナビNEXT

https://next.rikunabi.com/goodpoint/ より引用

\診断はこちら/
リクナビNEXTの診断を受けてみる

総評 所要時間 会員登録
20分 必要

 

診断できる内容

  • 5つの強み

 

実際に診断した感想

自分の個性を「強み」として変換して貰えるので、すぐにでも面接に使えそうな結果です。自己アピールとかに使えそうですね。

弱みも教えてほしいですが、グッドポイント診断なので仕方ないかな。

会員登録が必要ですが、その分きっちりデータを残してくれるので良いですよ。

僕は2017年のデータが残ってました。(入社後、鬱寸前でヤバイ状態の真っ只中に受けたやつですねw)

 

職業診断④|リクナビNEXT/適職診断

リクナビNEXT_適職診断

https://next.rikunabi.com/01/tenshokushindan/tenshokushindan_01 より引用

\診断はこちら/
リクナビNEXTの診断を受けてみる

 

総評 所要時間 会員登録
× 3分 不要

 

診断できる内容

  • 営業や経理といった具体的な職業適性

 

実際に診断した感想

正直使えないですねw

「休日がしっかりとれる会社で働きたい」などを選んでいたら「あなたは勤務時間・休日重視タイプ」とか出てくるので話になりません。

これ診断か?ってレベル。

提供元が同じリクナビのグッドポイント診断は良いのになあ。

 

職業診断⑤|マイナビ転職/ジョブリシャス診断

マイナビ転職

https://tenshoku.mynavi.jp/opt/joblicious/ より引用

\診断はこちら/
マイナビ転職の診断を受けてみる

総評 所要時間 会員登録
2分 実質必要

 

診断できる内容

  • ディグラム波形という性格を表すグラフ
  • 基本的な仕事性格
  • イキイキできる仕事環境
  • 仕事での強み・弱み
  • 相性の良い上司・同僚・部下

 

実際に診断した感想

質問が少ない割に結果の分量は多いですね。おそらくは決まったタイプに分けられるのでその結果に当てはめているんだと思います。

この診断の良い点は診断結果にあわせた「職種」を提案してもらえること。僕の場合は「法人営業」「税理士」「経営幹部」などがあがってましたね。幹部ってw

 

職業診断⑥|doda/キャリアタイプ診断

doda_キャリアタイプ診断

https://doda.jp/dcfront/personality/personalityIndex/ より引用

\診断はこちら/
dodaの診断を受けてみる

総評 所要時間 会員登録
10分 必要

 

診断できる内容

  • 性格・能力傾向
  • 行動基準
  • 向いている仕事スタイル・企業風土

 

実際に診断した感想

性格から仕事の傾向まで分かるため、総合的に判断ができる。

dodaの転職エージェントの方と相談するときにこの診断結果を見せることもできるため、自分がどういう人間かを理解してもらいやすい。

仕事スタイルや企業風土といった項目も分かるため、具体的な行動に移しやすいです。

 

職業診断⑦|doda/エゴグラム診断

doda_エゴグラム診断

https://doda.jp/fair/egogram/ より引用

\診断はこちら/
dodaの診断を受けてみる

総評 所要時間 会員登録
5分 不要

 

診断できる内容

  • ディグラム波形という性格を表すグラフ
  • 特徴
  • 適職

 

実際に診断した感想

エゴグラム診断という種類で、マイナビの診断と理論は同じ。

結果もマイナビのものと同じだったので、ある程度信憑性はあるなと感じました。

ただしザックリとした特徴と適職しか診断はできないため、その程度だと思った方がよさげ。

 

職業診断⑧|doda/適職タイプ診断

doda_適職タイプ診断

https://doda.jp/type/ より引用

\診断はこちら/
dodaの診断を受けてみる

総評 所要時間 会員登録
5分 不要

 

診断できる内容

  • 転職すべきか否か
  • 仕事探しの軸

 

実際に診断した感想

これは適職というよりは、「転職すべきか否か」を判断する診断のイメージ。

転職するぞ!とか独立するぞ!と思ってる僕みたいな人には味気ないです。

逆にいうと診断せずとも自分を理解できているということなので、自信をもっていいですよ!(と自分に言い聞かせる)

 

職業診断⑨|キャリアインデックス/適性・適職診断結果

キャリアインデックス

https://careerindex.jp/aptitude_assessment より引用

\診断はこちら/
キャリアインデックスの診断を受けてみる

総評 所要時間 会員登録
3分 不要

 

診断できる内容

  • 適職
  • 性格の強み弱み
  • ビジネスの強み弱み
  • 仕事・職場に求めること

 

実際に診断した感想

性格から仕事の種類まで診断できるので、手軽さと充実さで言えば一番バランスがいいかもしれません。

また結果にあわせて求人も紹介されているため、すぐに行動に移れるのもメリットですね。

良くも悪くもバランスの取れた診断かなと。

 

職業診断⑩|ケイコとマナブ/適職診断

ケイコとマナブ

https://www.keikotomanabu.net/article/shindan/ より引用

\診断はこちら/
ケイコとマナブの診断を受けてみる

総評 所要時間 会員登録
× 3分 不要

 

診断できる内容

  • 性格診断
  • 適職

 

実際に診断した感想

提供元がケイコとマナブという資格情報のサイトであるため、結果も資格を前提しにした職業が並んじゃってますね。結果の幅が狭い印象を受けます。

強いて言えば他の診断では見ないタイプの職業が多いので、その辺は参考にできるかと。

一番問題なのは設問ですよ!僕の理解力が乏しいのか分かりませんが、文章の意味が通ってない設問ばかりです。何を聞こうとしているのか意味不明だったので、割と適当に答えちゃいました。

 

職業診断⑪|スタディサプリ/適職診断

スタディサプリ

https://shingakunet.com/net2/tekishoku/shindanTrial/input より引用

\診断はこちら/
スタディサプリの診断を受けてみる

総評 所要時間 会員登録
× 5分 不要

 

診断できる内容

  • 適職

 

実際に診断した感想

学生用の診断なので仕方がないですが、内容が薄いですね。

結果を見ても「○○の分野」という幅広いくくりでしか表示されないため、営業とかエンジニアとかそういったレベルの適正を見ることはできません。

 

職業診断⑫|女の転職type/いい仕事ミイつけよう診断

女の転職type

https://woman-type.jp/suggest/ より引用

\診断はこちら/
女の転職typeの診断を受けてみる

総評 所要時間 会員登録
2分 不要

 

診断できる内容

  • 前職を活かした仕事内容

 

実際に診断した感想

簡易的な診断であるため、結果もあっさりしています。基本的に前職のスキルを考慮して、経験を活かせる職種が表示される感じですね。

その結果を踏まえて求人が表示されるため、次のアクションは起こしやすいです。

ただし内容は薄め。他の診断と合わせて考えた方が良いです。

 

職業診断⑬|性格診断セブン/適職診断16

適職診断16

https://適職診断.jp/ より引用

\診断はこちら/
性格診断セブンの診断を受けてみる

総評 所要時間 会員登録
5分 不要

 

診断できる内容

  • 向いている職業・職場環境
  • 適職

 

実際に診断した感想

「部下の監督に時間をさかずにすむ」といった具体的な事例で説明してくれるので、かなり分かりやすい。

自分の仕事をこんな方向に持っていけば精神的に楽ができそうだなと気づけます。

適職についても理由と具体例が挙げられているため、下手な企業の診断よりよっぽどためになるなと感じましたw

 

職業診断⑭|性格診断セブン/適職診断9

適職診断9

https://適職診断9.com/ より引用

\診断はこちら/
性格診断セブンの診断を受けてみる

総評 所要時間 会員登録
6分 不要

 

診断できる内容

  • 向いている職業・職場環境
  • 注意が必要な職業・職場環境
  • 適職

 

実際に診断した感想

診断16とは別の理論を使用した診断。基本的な結果は同じですが、「注意が必要な職業」という欄もあるので、これを活用すれば地雷を踏まずにすみます。

僕は「気配りが必要な職業はやめとけ」って書いてありましたw

 

職業診断⑮|適職診断VCAP/適職診断VCAP

VCAP

http://vcap.vone.co.jp/ より引用

\診断はこちら/
適職診断VCAPの診断を受けてみる

総評 所要時間 会員登録
7分 不要

 

 

診断できる内容

  • ディグラム波形という性格を表すグラフ
  • 職業適性
  • 本人の行動指針
  • 上司の指導指針
  • ディグラム波形の要素の説明

 

実際に診断した感想

「即座に不採用決定をしても問題ない人物です」とか言われて笑いましたねw正解w

今のところ、僕は他人には興味がないので……。

dodaのエゴグラム診断やマイナビの診断と同じ理論を採用していますが、より細かな分析ができるのがこのVCAPという診断。

行動指針を示してくれるので非常に実用的です。

他にはなかったディグラム波形の要素についても説明されているのもありがたいですね。(要素=cp,npなど)

 

職業診断⑯|アクセス進学/適職診断

アクセス進学

http://naninaru.net/tekishoku/check より引用

\診断はこちら/
アクセス進学の診断を受けてみる

総評 所要時間 会員登録
7分 不要

 

診断できる内容

  • 性格概要
  • 適職

 

実際に診断した感想

まあ簡単なテストなのでこんなもんかなというレベルの軽い結果のみ得られます。

ただ職業に関しては「探偵」「書道家」といった転職サイトにはまず載らないような職業もあるので、ひとつの参考にするのはアリですね。

 

職業診断⑰|NSGカレッジリーグ/あなたの夢を探す!

NSGカレッジリーグ

http://oshigoto.mydreams.jp/shindan/shindan_select2_000.php より引用

\診断はこちら/
NSGカレッジリーグの診断を受けてみる

総評 所要時間 会員登録
2分 不要

 

 

診断できる内容

  • 適職

 

実際に診断した感想

中学生くらいを対象にした診断ですので、学校選びの参考にするための結果が得られます。

参考程度に使えるかなという感じですが様々な職業が表示されるため、「新しい人生を切り拓きたい!」と思っているなら一度試すのもアリ。

 

職業診断⑱|姓名判断/適職診断

姓名判断

https://www.seimeihandan.jp/free/tekisei より引用

\診断はこちら/
姓名判断の診断を受けてみる

総評 所要時間 会員登録
1分 不要

 

 

診断できる内容

  • あっている職種
  • あっている職業

 

実際に診断した感想

ネタ枠なので占い程度にどうぞw

 

まとめ

僕自身が受けてみて、就活中・転職活動中の方なら受けないと損かなと感じました。

だってちょっと診断を受けるだけである程度指針もできて、「これだけはやめとけ」っていうのも分かりますからね。知ってると知らないとでは大きく差が出ます。

たくさんあって分かんないよ!って方はとりあえずミイダスの診断を受けて、結果が気になったら他も2つくらい受けるのがオススメ。

 

とりあえず受けるべき診断

 

以上、FIRE目指して副業中のひこすけ(@hiko_fire)でした!

あなたの就活・転職活動がうまくいきますように!一緒に頑張りましょう。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です