YouTubeもやってます(クリックでチャンネル表示)

親が辿った道を見れば、あなたがFIRE適合者かどうかが分かる

親が辿った道を見れば、あなたがFIRE適合者かどうかが分かる

こんにちは。 FIREラボのひこすけ(@hiko_fire)です。

貯金0円だった25からFIREを目指し始め、28(2021)で退職、杵築市でサイドFIRE生活を始めました。

 

FIREは魅力的ではあるものの『日本で最も強力な肩書である新卒カード』を捨てるのはまあ勇気がいりますよね。

風空(ふぁそら)所長

お主も不安じゃったのかの?
そりゃーそれなりに良い身分を捨てるのは不安でしたよ。。

ひこすけ助手

だからこそ、自分がFIRE適合者なのかどうかはよくよく考える必要がありますし、あなたはそのヒントを探していると思います。

 

そんなことを考え、先日こういったツイートをしました。

『親のルーツを知る』
それは自分を知るための一番の近道かも。

遺伝や生育環境で価値観や趣向が決まってくるので、実は親が選んだ道が自分にも適している可能性が高い。

事実、僕の父もその父も自営業を続けてきた。そしてその血を受け継いでいる自分に気がついた。

写し鏡を見てみよう。

 

そこでこのページでは、

親が辿った道を見れば、あなたがFIRE適合者かどうかが分かる

という話をしていきたいと思います。

僕自身もこの考え方を用いてFIREすべきかを考えたので、参考になれば嬉しいです。

 

この記事を読むと?

自分がFIREに適合しているかをより深く考える材料を得られる

 

両親・祖父母の生き方(仕事・日々の言動・趣味・交友関係)を観察してみよう

両親や祖父母・あるいは年上のきょうだいや親戚はある意味『自分の未来の姿』ですよね。

ということはその背中を観察することで、自分の今後を占うことができるハズです。

もちろん育った環境や時代が違うので一概には言えませんが、試してみる価値はあるかと。

ひこすけ助手

 

仕事

まずは仕事への向き合い方です。

具体的には、

  • 仕事内容
  • 働くスタイル(会社員か自営業かなど)
  • ジョブチェンジの有無や回数
  • 力の入れ方

などなど。

 

仕事内容ひとつ見ても、営業や接客といった対人商売なのか、エンジニアや研究者といった職人気質なのか、そのあたりを知るだけでも手がかりはあるハズです。

もちろん仕事内容のみならず、雇われが向いているのか、同じ仕事を何年も続けることが向いているのかなどを知れば、より本質的な気質を知ることができます。

 

日々の言動

この社会では必ずしも希望通りの生き方・ライフスタイルを実践できているとは限らない……というかむしろそんな人は一握りですよねえ。

だからこそ、

  • 仕事の前日の夜の雰囲気・言葉
  • 休日の過ごし方
  • お金の使い方

などを注意深く観察することで、過ごしてきた人生や現在のライフスタイルをどう評価しているのかが分かると思います。

ここが分かれば、逆説的に「そのライフスタイルは向いていない」ということが判明しますもんね。

ひこすけ助手

 

趣味・交友関係

休日はどんな趣味を楽しんでいるか、あるいは平日もしっかり趣味を楽しんでいるかなどを観察しても面白いです。

もちろん生きてきた時代や環境が違うので完全に同じ趣味にはならないと思いますが、観察した内容を抽象化してみると、どんな趣味嗜好をしているのかがよく分かるハズ。例えば、

 

  • 他人を巻き込む遊びが好き
  • 体を動かすのが好き
  • 一人で遊ぶのが好き

などが分かると、より自己理解の助けになりますよね。

 

ここで一旦CMです(ΦωΦ)




遺伝的に「ムリ」なものを知るだけでも効果は大きい

理想を言えば『遺伝的に最高に稼げて、最高にハッピーな生き方を知る!』ってできればいいんですが、実際には時代や環境が複雑すぎてうまくいかないじゃないですか。

だから僕が考えたのは、

遺伝的に「ムリ」なものを知れば相対的に良い人生を勝ち取れる

ということ。

 

ピンポイントで天職を見つけるなんてのは難しいですが、向いてない仕事やライフスタイルが分かれば、とりあえずそこは回避できるじゃないですか。スタート地点で地雷を取り除いておこうというワケです。

ちなみにこれは僕が提唱(?)した『幸福度カフェオレ理論』にも繋がります。

気になる方はこちらもドゾ。

人生の幸福度をカフェオレで例えてみた【FIREラボオリジナル】人生の幸福度をカフェオレで例えてみた【FIREラボオリジナル】

 

書籍でも書かれてた

『親を観察しよう』という話は自分でも薄々感じてはいたんですが、『20代にしておきたい17のこと』なる本にも書かれている内容でした。

 

たしかに!と思った一節を引用しますと、

自分の家族の周辺を調べていくと、自分のルーツが、自分の才能と関係していることに気づきます。

と書かれていたんですよね。これはあんまり具体的に意識したことがなかったので、目からウロコでした。

 

音速の勢いで過ぎ去る20代に恐怖している方には、結構オススメ本ですよ。

会社のおじさんの武勇伝を聞くより1億倍楽しいですね。

ひこすけ助手

 

ひこすけの場合

ちなみにひこすけの両親や祖父母を観察してみてどうだったのか、参考までに書いときますね。

 

父とその父は自営業

僕が幼い頃に父とは離婚していたのであまり詳しくは分からないんですが、よく考えたら父もその父も代々自営業なんですよね。

まあ父は家業を継いだって面もあると思うんですが、実は先日20数年ぶりに会話したら面白い発見がありました。

父「会社辞めたの?」

僕「うん、上司とか組織に縛られるのがどうしてもキライで……」

父「ああ~それは分かる。前は従業員を雇ったりしてたけど、やっぱり一人でやる方が楽でよかった」

僕「(血は争えねえ~!www)」

 

母は被雇用者だが出勤数を減らしても辛そう

母はずっと正社員やパートを続けており、今では出勤日数を減らしてるけどやっぱり出勤はすごくダルそうです。

確か僕がまだ学生の頃にした会話でも、その雰囲気は伝わってきました。

母「ああ……仕事行きたくないわあ……」

僕「社会人何十年目でも?笑」

母「嫌なモンは嫌よ!」

僕「(これ絶対自分もなるやつじゃん……)」

 

母方の祖父は職人気質

この前一緒に『燃えよ剣』を観に行った御年91歳のおじいちゃんの話。

 

時代もあってか祖父は生涯サラリーマンでしたが、その仕事っぷりや老後の活動を見ると、完全に職人気質だなあと感じます。

会社員時代はエンジニアとして開発職をしていたり、老後は彫刻や数多の工作をしていたりと、ものづくりが好きなご様子。

あと僕と似ているなあと思ったのは、とにかく好奇心旺盛で色々なことを調べたり、歴史を辿ったり考察するのが好きなところw

そんなおじいちゃんを見ると、僕の創作好きはおじいちゃん譲りなのかなあと思いましたね。

 


 

ということで、

親が辿った道を見れば、あなたがFIRE適合者かどうかが分かる

そんなお話でした。

 

親孝行もかねて、一度両親とじっくり対話してみるのもいいかもですね。

書籍『20代でしておきたい17のこと』もぜひ。

ここで一旦CMです(ΦωΦ)




マシュマロ(質問)回答コーナー

バシバシ回答していくぜ~

質問やラブレターはこちらから↓↓

質問する:https://marshmallow-qa.com/hiko_fire?utm_medium=url_text&utm_source=promotion

 

質問

水シャワーの民になりたいと思いよくチャレンジするのですが毎回寒くて無理だと挫折します。水シャワーのノウハウやコツなどがあれば教えてほしいです><

 

回答

寒くてムリっていうのはめちゃ分かります。僕もガスを契約してた頃に挑戦したけど、やっぱり同じように断念しましたもん。

でも今ではちゃんと(?)水シャワーを継続できています(冬になった今は流石にムリ)

 

ではなぜそんな僕が水シャワーを浴びれているかというと、

ガスを解約したから

実はこれが真相ですw

シンプルに水しか浴びれないので、我慢して浴びるんですよ。するとあら不思議。夏なら余裕で浴びれちゃいます。ソースは僕。

 

あ、もちろん具体的なコツもありますよ! 僕が実践しているのは、

 

  • 筋トレや散歩で体温を上げてすぐに浴びる
  • なるべく日没前に浴びる(水温が高いから)
  • 足や手から徐々に浴びる

 

って感じですかね。

もう冬になっちゃったので、初夏くらいになったら試してみてくださいね。

※話によると「仕事で家を長期間離れる」とか言えばガス契約を維持したまま一時的に使用停止することもできるみたいです。基本料もかからなくなるので、一度相談してみてくださいね。

 

以上、FIRE満喫しつつラノベ作家&神絵師を目指すひこすけ(@hiko_fire)でした!

Have a nice FIRE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)