ひこすけが目指すFIRE達成後の生活スタイル・目標を解説【ブログで考察】

ひこすけが目指すFIRE達成後の生活スタイル・目標を解説【ブログで考察】

こんにちは、FIRE目指して副業中のひこすけ(@hiko_fire)です。

日本では「FIRE達成しました!」とか「FIRE目指して頑張ってます!」みたいな人がまだあんまりいないですよね。

居るかもしれないけど、FIREとか話題になる前にセミリタイアしちゃってたり、そうじゃない人はあまり発信してるイメージは少ない。(発信の必要が無いからでしょうけどw)

 

だったらFIREを目指している僕が自分自信を晒してやろう!w

と思いまして、僕ひこすけが目指しているFIRE達成後の生活スタイル・目標を公開していこうと思います。

僕はこういう他人の人生や生活を覗き見るのが結構好きなので(?)、もしFIREが気になっていたり、目指そうか悩んでいる人がいたら参考になれば嬉しいです!

FIRE達成後のスタイル:収入

まずは気になる収入から。

FIRE達成後の収入=100,000円/月

たった10万?と思うかもしれませんが、単身で生きていくならむしろ余るくらいです。

後で説明しますが、生活費は恐らく5~7万程度に収まるので年金や住民税を考慮しても貯金できるレベルですね。

となるともうちょい少なめで設定しても良い気がしますが、急な冠婚葬祭や出費もあると思うのでこれくらいにしておきます。

趣味にも多少は使いたいしw

 

FIRE達成後のスタイル:支出

しご

続いては支出。ここをしっかり見込んでおかないと、あとあと破綻するので注意ですね。

FIRE達成後の支出=90,800円

内訳はこんな感じを想定してます。

項目 費用
家賃 ¥30,000
電気 ¥5,000
ガス ¥5,000
水道 ¥1,500
食費 ¥12,000
通信費 ¥5,000
日用品 ¥500
生活費 小計 ¥59,000

試算は2019年現在の支出をベースに考えてみました。

1日中家に居ることも増えると、光熱費が多少上がりそうなのでその辺は一応考慮してます。

 

項目 費用
年金 ¥17,000
健康保険 ¥10,000
住民税 ¥4,000
所得税 ¥800
税金・社会保障費 ¥31,800

 

FIRE達成後のスタイル:仕事

FIRE達成後の仕事=生きていくための労働はしないが、楽しい生産活動はする

僕がFIRE後にやりたい活動=情報発信、アニメロゴなどのデザイン、ラノベや小説の執筆などなど……
(やってみたいことは色々ありますw)

え?仕事続けるの?って思うかもしれないですが、「FIREで言う仕事=生きるための労働」だと思うんですよね。

 

その考え方を考慮すると、FIRE達成者からすると一般的に仕事と呼ばれる行動は「趣味」であり「社会活動」となるワケです。

だって毎日アニメ観て、本読んで、散歩して、旅行して……ってしてても絶対飽きるでしょ!?

 

学生時代の春休みなんかは1日中アニメだけを観る生活を2,3日続けてたけど、なんか飽きるというか疲れてきて絵を描いたりし始めましたもん。

それくらい、消費活動だけを続けるのってつまらないんですよね。

それに毎日TVを観ている老人はボケるなんて言われますし、長寿命大国日本で健康寿命を伸ばすなら、社会活動が必須なのは火を見るより明らかでしょう。

 

アメリカ人がどう考えているかは聞いてみないと分かりませんが、少なくとも日本人は「生きるための労働から抜け出したら、今度は生産活動・社会活動に取り組む」のが健康寿命を伸ばし豊かなFIREライフを送るための得策と考えます。

ゆえに僕は、日本的FIREを「仕事ではなく生産活動に励む」ことだと提唱します。

 

まとめると、「生きるための労働」はきっぱり辞めるんですが、いわゆる仕事から完全に退くワケではなく好きなこと・やりたいことをやるべきだと思うんですよね。

 

FIRE達成後のスタイル:住宅

FIRE達成後の住宅=4畳半くらいの狭い家

こちらの記事でも書いてますが固定費の削減はFIRE生活にとって絶対条件です。

 

冷静に考えて一人あたりの家の広さってほとんど必要ないですよね。

だったら狭い家でも問題ないよねということです。

 

「収納が無いと困るから、そんな狭い部屋じゃ住めない!」と思う方もいるかもしれませんが、そんなあなたにはモノを減らすためにミニマリズムの考え方を知ってもらいたいです。

もちろん強制するワケではないですが、現代社会においてモノを減らすことは相当のメリットがあるんですよね。

僕はミニマリズムの考え方のおかげで生活の余裕が増えましたし、今までの浪費が数十万単位で減りましたw(アニメグッズめちゃくちゃ買ってた)

 

付け加えるなら、狭い家なら光熱費や掃除の時間などもおまけに安くなるので効果は抜群です。

狭い家のメリットはこちらにまとめてますが、めちゃくちゃあって自分でもびっくりしてますw

(割と広めの家に住んでいた2年間をめちゃくちゃ後悔してる)

 

FIRE達成後のスタイル:趣味

趣味-キャンプ

FIRE達成後の趣味=情報発信・アウトドア・旅行・アニメ・読書・バドミントンなど

現在はこんな感じですが、5年後10年後はちょっと変わってるかも。(ここ5年くらい変わってないけど)

とは言えこんな感じで情報発信したり、知識を取り入れることは大好きなので引き続きやってる気がしますね。

そして何より、基本的にお金がほとんどかからないので生活への影響も少なく済みます。

強いて言えば旅行にお金がかかるのでこの費用をいかに捻出するかですが、将来的にはさらに個人が稼ぎやすくなっていると思うので心配はしてないです。

うまくいけば株の配当や優待を使えば趣味のために働く必要もなさそうですしね。

 

FIRE達成後の生活まとめ

  • 収入は10万くらい
  • 支出は9万8千くらい(固定費を抑える!)
  • 生きるための労働はしないけど、楽しい生産活動を続ける=それがFIRE達成者の仕事(使命)
  • 住宅は狭い賃貸でOK
  • 趣味は好きなものを。ただしお金を浪費しまくる趣味は当然破産の可能性があるので注意

 

ということで僕ひこすけのFIRE達成後の生活スタイルや目標を紹介してみました。

果たして思い通りに進むかは分かりませんが、とりあえずこんな感じで進めていければと思います!

以上、FIRE目指して副業中のひこすけ(@hiko_fire)でした!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です