YouTubeもやってます(クリックでチャンネル表示)

FIRE・セミリタイアは孤独?孤独は恐怖?その幻想をぶち壊すッ!

FIRE・セミリタイアは孤独?孤独は恐怖?その幻想をぶち壊すッ!

こんにちは!FIREラボのひこすけ助手(@hiko_fire)です。

貯金0円だった25歳からFIREを目指し始め、最低35歳での達成を目指しています。

 

  • 早期退職なんてしたら孤独になりそうで不安だなあ。
  • 孤独って本当に怖いものなのかな?

ひこすけ助手

 

こうした想いを一瞬でも抱く人は多いだろう。

本記事ではそんなあなたに、孤独に対する1つの考え方をシェアしたいと思う。

 

ちょうどTwitterで『孤独の価値』なる本が紹介されているのを見たので、その中の言葉や考えも引用しつつ、孤独を存分に語っていこうじゃないか。

風空(ふぁそら)所長

お主……なにもクリスマスの夜に孤独の記事を書かんでもw

 

created by Rinker
¥794 (2021/08/02 21:55:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

「孤独は悪」・「孤独は怖い」とかいう幻想

気づけば僕たちは昔から、

「友だち100人できるかな」

とか、

「仲間が居ると楽しいね」

なんてフレーズを死ぬほど聞かされて生きてきた。

 

ゴールデンタイムのドラマは恋人だ友情だとすぐ語るし、邦画も愛とか愛とか愛とかをテーマにした作品は大衆ウケしやすい。

某海賊王を目指す漫画なんか、ひたすらに友情・仲間を押してくる。

本編をあまり知らないので正当に評価はできないけれど、それを取り巻く「仲間って大事だよね(涙)」みたいな人たちの雰囲気には正直辟易してしまう。

 

それは『孤独の価値』の言葉を借りれば、

「虚構がつくる強迫観念」

「感動が売り物になった時代」

森博嗣『孤独の価値』幻冬舎,2014年,目次

である。

 

そうした経験があるからか、《仲間は大事》というメッセージを全面に押した作品を大量に目にするとアレルギー的に受け付けなくなってしまった。

アドラー的に言えば、不快な思いをしないために避けるようになった――というべきかも。

 

まあ確かに友だちと過ごすのは楽しいし?

なんならこの年末だって、帰省したオタク仲間と飲みに行くのを楽しみにしてる。

 

しかしだ。果たして孤独は悪だと言えるのだろうか?

《仲間は大事》の反対が《孤独は悪》であるとは言い切れない。

ここから、そんな幻想をぶち壊しにいきたいと思う。

 

孤独を愛すべき3つの理由

言うまでもなく、僕の主張は

「孤独を愛すべき」

であり、その理由は3つある。

孤独を愛すべき3つの理由
  • 理由1|孤独を克服しないと、根本解決にならない
  • 理由2|孤独を恐怖する時代ですか?
  • 理由3|孤独は高レベルな欲求を満たすために必要

しかもこれらの理由は、我ながら極めて合理的だと思う。

 

別に誰かに強要したいワケではない。

でももしあなたが孤独道を進みたいならば、その判断材料にでもしてもらえると嬉しい。

溜まっているプリキュアを観ずに、しかも聖夜にこんな記事を書いた甲斐もあったというもんですね 笑

ひこすけ助手

 

理由1|孤独を克服しないと、根本解決にならない

孤独が辛いから、一緒に過ごす相手を探す。

孤独が辛いから、ついSNSにどっぷり浸かってしまう。

――これらの共通点をちょっと考えてほしい。

 

……

 

…………

 

………………

 

はい、ずばり共通点は対症療法でしかないではないだろうか?

バケツから水が溢れているのに、とりあえずコップでちょっとすくって誤魔化すようなもの。

 

反対に、孤独を受け入れ、克服すれば基本的に対症療法は必要なくなる

バケツのサイズを取り替える、あるいはドバドバ注がれる寂しさや恐怖を食い止めるイメージかな?

ひこすけ助手

 

それに孤独の解決を他者に依存するのはリスクが高いと思う。

まあ僕は結婚もしてないしまだ20代なのでよく分からないのは前提として、

人を相手にする以上、愛想が尽きたり、尽かされたり、死別したりするリスクを孕んでいる。

 

ましてや結婚ともなると、あまりに集中投資すぎて危険では?と思えてしまう。

金融投資は分散するのに、人は分散しないのか……みたいな。
(こういうことをリアルで言うと引かれるので言わない方が楽)

というか僕は……一人の相手と、責任をもって一生やっていく自信が、無い。

 

一方で自分ひとりで克服してしまえば、すべて自分の問題として対応することができる。

他者に左右されることも無い。

 

ひとこと

孤独は他者の力で解決するもんじゃあない。そんな幻想はぶち壊してしまえ。

 

理由2|孤独を恐怖する時代ですか?

狩猟採集生活の時代なら、仲間と協力するか否かは生死に直結していた。

《狩りは得意だが武器が作れない人》と、《手先は器用だが運動能力が低い人》がスキルを交換するのはよくある話だ。

(ジャンプ連載のDr.STONEを読むと想像しやすくてオススメ。アニメもあるよ)

 

しかし現代はどうだ?

お金を払えば、水・電気・ガスは無限に出てくる。

コンビニに行けば誰でも食料を売ってくれる。

 

「お前のこと嫌いだから売らないよ」

なんて言う人は居ない。

(『孤独の価値』にも同じようなことが書いてあった!)

 

風空(ふぁそら)所長

しかし会社で働くならコミュニケーションは必須じゃろ?

うん、言いたいことは分かる。でもホウレンソウができれば十分でしょう。

休日まで仲良くゴルフに行かなくても給料はちゃんと貰えるし、雑談なんてしなくてもクビにはならない。

 

僕自身、趣味・価値観があう人以外とはほぼ会話することは無い。疲れるし。

それで窮屈な思いをすることも無いし、給料が減ったことは無い。

 

成果を論理的にアピールすれば、ちゃんとボーナスの査定に反映もしてくれる。

もちろん超仲が良ければ忖度はあるかもだけど、困るワケではない。

いい上司と会社なのかもしれません。ありがとうみんな……

ひこすけ助手

 

ひとこと

協力しないと生きていけない時代なんてとっくの昔に終わってる。そんな幻想はぶち壊してしまえ。

(協力してないように見えるが、実際は分担された労働により価値を創出し、消費もしているので間接的に協力している。資本主義だからみんなそう)

 

created by Rinker
¥794 (2021/08/02 21:55:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

理由3|孤独は高レベルな欲求を満たすために必要

自己啓発でお馴染み、マズローの欲求5段階説のお話。

FIREムーブメントとマズローの欲求5段階説

八木仁平公式サイト. 「マズローの欲求5段階説をこの上なく丁寧に解説する。あなたの欲求はどのレベル?」. https://www.jimpei.net/entry/maslow, (参照 2020-12-27)

 

特に上位2つの《承認欲求》《自己実現欲求》&エクストラ欲求《超越的な自己実現欲求》は、仲間とワイワイしているだけでは達することが難しいだろう。

これらの高レベルな欲求を満たすには、孤独をひたすらに突き進み、創作や能力向上に独りで挑むことが重要である。

 

創作はいつだって独りだ。

このブログを書くのだって独りだし、頭を使ってアイディアを出すのもやっぱり独り。

『孤独の価値』では小説と漫画を事例に解説されているので、そちらを読むとイメージが膨らむかも。

 

高レベルな欲求なんて無いよ

という人も、実は例外ではなかったりする。

なぜならマズローによると、これらの欲求を満たすと上の欲求が発現してしまうからだ。

 

つまり、安全や所属の欲求が満たされると、いずれ大抵の人は高レベルな欲求が満たせず、パッとしない人生を送っている気になる。

 

ひとこと

結局は一人一人の力をまず発揮することが重要。みんなと協力するのはその後。

最初から協力するなんて、そんな幻想はぶち壊してしまえ。

 

FIRE・セミリタイアは孤独になる可能性が高い。でも恐怖する必要はない。

孤独の価値 FIREムーブメント

FIRE・セミリタイアすると、単純に会社の繋がりが消える。

会社の《知り合い》と多くの時間を過ごしていた人は、退職すれば会うこともなくなるだろう。

もちろん《友だち》になったのなら別だけれど。

 

それに《サラリーマン》でなくなると、同じ属性の人とは話が合わなくなり、次第に距離ができるかもしれない。

こうした意味でも、FIRE・セミリタイアすると孤独になる可能性は高い。

 

しかし!そこには何の心配も無い。

なぜなら孤独は悪くないし、怖くもないからだ。

むしろ必要で、進んで手に入れるべきものですらある。

 

ひとこと

FIRE・セミリタイアすると孤独に押しつぶされてしまいそう……そんな幻想はぶち壊してしまえ。

 

参考図書

created by Rinker
¥794 (2021/08/02 21:55:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

『すべてがFになる』の作家さん。

孤独に向き合い、孤独を愛し、孤独に価値を感じている姿は、FIREやセミリタイアを目指す人には良い刺激になると思います。

僕自身、読む前から「絶対好きだろうな~」と思っていたら案の定。

 

ちょこちょこと、

それ。ほんとそれ

ひこすけ助手

とか言いながら読んでましたw

 

内省が深まって面白い本だった。

本を紹介してくれたLobsterさん(@musclefund_com)ありがとうございました!

 

created by Rinker
¥794 (2021/08/02 21:55:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

以上、FIRE目指して研究中のひこすけ(@hiko_fire)でした!

Have a nice FIRE!

 

シェアしたい 他のブログも見たい
 記事下の
シェアボタンから🙇‍♂️
🙇‍♂️ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代セミリタイア生活へ 🙇‍♂️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)